ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)『トランク』の歴史とは


こんにちは(^^♪

本日は、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の伝統的なアイテムのひとつ『トランク』をご紹介致します♪
ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のトランクを目にした事はあると思います。ですが自分で購入する勇気が出ないという方も多いと思います。そんな方に、どういうものなのか、歴史も加えご紹介致しますね(*゚▽゚)ノ

魅力的なデザインと機能的な構造で、世界中の人々に愛されているルイヴィトン(LOUIS VUITTON)ですが、ブランドの原点は、旅行用の『木箱』になります。

ルイ・ヴィトンは1821年に、12人兄弟の真ん中の子として生まれました。14歳で家を飛び出し、約2年の時間をかけてパリへ向かいました。辿り着いたパリで、彼は木箱の製造・荷造りのアトリエで、職人見習いとして働き始めました。
当時の貴族は、ボリュームのある服を着ていたため、旅行・移動の際は「荷造り用の木箱」を特注して衣装を入れて持ち運んでいたそうです!!
“木箱・トランクを特別注文で作る”という仕事は、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)というブランドの原点となりました!!
そして、1854年に独立。ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)は旅行カバン専門店として始まりました♪♪

【トランクの考案】
ルイ・ヴィトンは移動手段が「鉄道」「船」へ変化すると予測し、重ねて積める『平らな蓋』のトランクを発売しました。
このトランクには「グリトリアノン」という素材が使われていました。この素材は防水機能があり軽いため軽量で水をはじくトランクでした!!
「グリトリアノン」の次に展開されたのが「レイエキャンバス」になります。
日本人で初めてルイヴィトン(LOUIS VUITTON)を購入したと言われている、板垣退助のトランクも「レイエキャンバス」みたいですよ(*゚▽゚)ノ
次に、ルイの息子であるジョルジュが「トアルダミエ」を考案しました。
ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のライン『ダミエ』の原点となったデザインになります。

1892年に創始者ルイ・ヴィトンが71歳で逝去しました。
父の遺志を継いだ息子のジョルジュは「モノグラム」を作りました。LVのシグネチャー、星、花を複雑に組み合わせた柄になります。モノグラムは日本の家紋からインスピレーションを受けたと言われています(^^♪
モノグラム柄はフランス国内で人気を得て、世界中に広まりました♪

【人気のルイヴィトンのトランク】
ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のトランクは質の高さと堅牢性で、創業以来愛されてきました。
ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のトランクは防水性が高いといわれ、あの“タイタニック号”が沈んだ事故の際も、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のバッグに掴まって、命が助かった人がいる噂もある程です!!
また、遺品として引き上げられた際、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のトランクの中に入れられいたものだけは塗れなかったという話があるのだとか・・・
現在は、取り出し式のトレーが付いた『アルゼール』、スリムな『ビステン』、小型モデルの『コトヴィル』などが展開されています。

【ビステンの特徴】
スリムで堅牢な作りです。トランクとしての実用性を兼ね備えています。
ハンドル部分は、重さに耐える上質なヌメ革を使用しているので安心して物を詰め運ぶことが可能です!
ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のトランクはこじ開けられないことで有名です。ビステンの錠前はルイヴィトンの特許である『S字型ロック』で、セキュリティ性はかなり高い作りになっていますよ(^^♪
コーナー部分(角)には金属プレートが付けられているため、機能性はばっちりです。見た目の美しさが魅力的ですよね(≧∇≦)
その他に、取り外し可能なネームタグ、ロック用キーが付属しています。
ビステンは様々なサイズがあるので、旅行シーンに最適ですよ(^^♪
ビステンの展開ラインは、「モノグラム」と「ダミエグラフィット」があります。「モノグラム」は男女兼用でお使いいただけます。「ダミエグラフィット」は男性向けに展開されています。

【ビステンに似たつくりの『アルゼール』】
コーナー部分をゴールドカラーのプレートやレザーで補強した、頑丈なつくりの『アルゼール』。
トランク内には取外し可能なトレーがあります。その為、お荷物を上段・下段に分けて収納することが可能です。
よく似たビステンとの違いの一つです。
また、ビステンに比べてアルゼールはやや厚さが増した作りとなっています♪
アルゼールは55、60、65、70、75、80サイズで展開しています。

【コトヴィル】
アルゼール、ビステンの兄弟ともいえる『コトヴィル』ですは、40、45、50サイズのみが展開されている”小型モデル”になります。こちらにトレーは付属していません。
コトヴィルは40、45、50サイズで展開しています(50はスペシャルオーダー品です)。
コトヴィル40は、ビジネス用アタッシュケースとして最適なサイズ感です。コトヴィル45・50はアタッシュケースの他、1~2泊程度の旅行にお使いいただける容量となっていますよ(^^♪

【トランクをモチーフにしたアイテム】
《アイ・トランク》・・・トランク型のiphoneケースです。機能的なロックと取り外し可能なレザーストラップを備えています。
《ポルトクレ・トワ・エ・モア マイトランク》・・・トランク型のキーホルダーです。アイテムに合わせ、小さくプリントされたモノグラムキャンパスのアイテムです。マグネット機構で、2つに分けて使うことができます。
《プティット・マル》・・・2014年に発売されました。トランクをそのまま小さくしたようなキュートさが、魅力的なアイテムです♪♪取り外し可能なレザーストラップが付いています。
《トランククラッチ》・・・2018年秋冬コレクションで発売されました。ニコラ・ジェスキエールがアイコニックな「プティット・マル」をしなやかなモノグラム&モノグラム・リバース キャンバスで再解釈したものになります。ルイ・ヴィトンのトランクメーカーとしての歴史を想起させるS字ロックとシープスキンのライニングに施したマルタージュ・プリントがシグネチャーのディテールを添えています。

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のトランクは歴史を語るのに欠かせないですね(≧▽≦)
創業当初から受け継がれてきた伝統と技術が込められています!!
洗練されたフォルムと丈夫なつくりは、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の高いクオリティを感じさせられますね(*゚▽゚)ノ

商品が気になる方や、ご売却をご検討中の方、是非ギャラリーレア梅田店へお問い合わせ下さい(≧∇≦)
ご相談だけでも大歓迎です(*゚▽゚)ノ
皆様のご来店お待ちしております(≧▽≦)